茗渓学園 田代校長 教育講演会・相談会 11月21日(木)@バンコク

国際バカロレア日本語IBDPはここが違う!茗溪学園が目指す真の国際化とは?

講演会・座談会のお申込はこちら

日時:11月21日(木)1部 09:30~11:30 2部 13:30-15:00
場所:アソークインターチェンジビル パーソネルコンサルタント社 

お申し込みはこちら(クリック) ➡︎ 参加申し込み フォーム 

 

学校紹介ホームページ

HP:茗溪学園ホームページ

 

教育理念

茗溪学園は、1979年、筑波大学の同窓会である「茗溪会」によって設立。「世界的日本人の育成」を教育理念とし、世界中で活躍することができる人材が育つことを願っています。

 

特徴

●様々な行事や部活動を大切にし、体験から多様性を学び、「一人の生徒にすべてを」をテーマにして全校生徒を育ている。
●「国際バカロレア・ディプロマプログラム(IBDP)」認定校。
 2017 年度より「IBDPコース」がスタートしました。日本語DP校としては国内5校目となります。
●留学制度が充実(学費不要、進級留学)。
 UWC奨学留学生国内No.1。
 MIT・ケンブリッジ大進学実績。
●約1500名の全校生徒中、帰国子女は約270名、寮生は全校で約180名、うち帰国生は約80〜90名(2019年4月時点)。生徒も教職員も「帰国子女」を普通に受け入れなじむことの出来る文化と環境が整っている。
●外国学校との交流数が年間10校以上、人数も200人以上来ている。
 これは、グローバル化・高度情報化が進む近未来に、外国人の若者と共に暮らし学び、将来の友を作っていける機会を中学高校のうちからできるだけ多く設けたいという方針から推進している。

従来のクライストカレッジ(UK)やネルソンカレッジ(NZ)、セントジョセフズカレッジ(豪)などの名門校に加えてNZやマレーシア、台湾、中国、タイ、ベトナム、インドネシアが加わっています。特にタイのチュラロンコン大付属高校や台湾の台中女子高級中学などの名門校も加わり、欧米圏だけでなくアジアも増えている。寮に住む留学生も常時5人以上となっており、今年はもっと増えていく予定。
 生徒はまるで国内にいながら留学のような雰囲気になることが時期によってある。
●インター校ではなく日本式の学校でありながら、インター校・UWCのようなダイバーシティを併せ持った、内外の大学に進学先を選び、躊躇せずに世界に飛び出していく、勇気と逞しさと知性を備えた若者を育てる教育実験校であり続けるという覚悟である。
●寮のあるボーダリングスクールとして、海外、日本全国から生徒を受け入れており、通学生も中1、3、高2で1週間の寮生活を行う。寮での学習や経験を大切にし、全ての生徒が在学中、寮に関わるプログラムを実施。
●中学グローバルコース、 高校EECクラスの高校年時TOEIC850~900
●文科省より、2017年度から5年間、第2期目の「スーパーサイエンスハイスクール」として指定。そして、2016年7月20日にIB World Schoolに認定。2017年度4月入学の高校1年生よりIBDPコースがスタート。
●文科省スーパーサイエンスハイスクール、スーパーグローバルハイスクールアソシエイト校指定校
●<2018年のサイエンス関係での実績>
 高校生科学研究の全国大会にあたる第16回高校生科学技術チャレンジ(JSEC)で全国3位にあたる科学技術振興機構賞を2年生森みのりさんが受賞、5月のアメリカでの世界大会インテル国際科学技術フェア(ISEF)に出場予定。また、これも全国の中高生が参加するつくばサイエンスエッジで1位にあたる創意指向賞を2年生小澤一毅君が受賞、シンガポールで行われる世界大会に出場予定。どちらも寮生。
●卓越した国際教育、スポーツ(中体連県内総合1位)、芸術(全日本学生美術展最優秀団体賞27年連続)
 
●茗溪学園では高校2年時に「個人課題研究」という時間が毎週2時間。別名「17歳の卒業論文」とも言われている。個人の適性や将来の職業観や、「偏差値による大学選び」ではなく、「自己実現のための大学進学」へと結び付けている。また、保護者による職業観セミナーや職業体験で、職業観を育てていくことを大切にしている。「将来の夢をつかむために、あの大学で、あの勉強をしたい」という、進学に対する強い信念を育ち、その過程が学習に対する意欲につながっている。卒業生には宇宙飛行士や、アナウンサー、法曹界、医師、企業の海外部門など、世界中で活躍。タイ国内、主にバンコクでも多数の卒業生が活躍中。

 2018年進学状況

東大2、一橋大1、東工大1、東京医科歯科大2、御茶ノ水大1、筑波大13、東京外語大1、国公立大合計55、国立医学部医学科合計6(筑波3富山1信州1秋田1)、早稲田18、慶応12、上智7、青山学院18、明治10、立教10、法政15、中央11、関西学院4、同志社5、立命館10、立命館APU2、私立医学部医学科合計17。海外大学は10、マンチェスター大(UK)1、シェフィールド大(UK)1、リーズ大(UK)1、バース大(UK)1、カールトン大(米)1、デュポー大(米)1、グリネル大(米)1、モナシュ大(豪)1など

 

講師: 田代淳一氏 茗渓学園中学校高等学校 学校長

理科教諭時代から研究者として活躍しスーパーサイエンスハイスクール取得には多大な功績をあげる。IBデュアルランゲージディプロマ連絡協議会会員、IBDPアドミニストレーター、DLDP化学監修者。昨年から学生寮にご夫妻で住み込み直接生徒たちとふれあい、海外からの生徒には心強い優しいお父さんでもある。

★お問い合わせはこちらまで

 Bangkok教育相談所

 📱 081-720-5156(サイタ)
 📧 sawanthailand2007@gmail.com
 HP:http://sow-ed.com/

 

    西大和学園中学高校学校説明会 6月13日(木)14日(金)@バンコク

    『世界を舞台に活躍できるリーダー』の育成を目指す 西大和学園での知的好奇心が湧き上がる数々の体験を通じて、『世界を舞台に活躍するリーダー』をともに目指さないか! 住所:奈良県北葛城郡河合町薬井295 TEL:0745-73-6565 http://www.nishiyamato.ed.jp/ny/ …

    ビリギャル・小林さやかさんがバンコクで講演! 6月2日(日)

    「こどもの能力を引き出すオトナの在り方」 <SAWAN特別価格チケット>のお申し込み受付中! 子育て・教育に悩んでいるお母さん、自分の将来に不安を感じている小・中学生のみんな、お悩み解決のヒントが得られること間違いなし。ナマの体験談を聞きに行こう! お申し込みはこちらから→ 申込フォーム (SAWANに…

ページ上部へ戻る